simカードのサイズが違う場合の対処法

更新日:

simカードのサイズについて知っておくと良い点

格安SIMカード

miniSIM、microSIM、nanoSIMの三種類、挿入するスロットの大きさの影響で逆にminiSIMをmicroSIM対応の端末に入れることはできないので注意が必要。サイズが違ったときの対処方法について説明します。参考サイト:種類の違いに注意が必要なsimカード

simカードで使用されているものには三種類

スマートフォンに使用されているsimカードとして現在も使用されているものは三種類あります。見た目でも明らかにサイズが異なるのでわかりますが、miniSIM、microSIM、nanoSIMの三種類です。

以前はこれよりもサイズが大きいフルサイズのsimカードも使用されていましたが、miniSIMの登場によって瞬く間に使用されなくなってしまいました。

現在ではだんだんとminiSIMを使っている機種が少なくなってきていて、simカードとして流通しているものもmicroSIMやnanoSIMが多くなっています。

大は小を兼ねるというわけではないため、サイズが合わないときには別のサイズのsimカードを使用することは原則としてできません。

simカードを新しく用意するときには端末に合わせて選ぶことが肝心です。

サイズが違ったときの対処方法

simカードを入れ替えたいけれどサイズが異なるという場合に全く使用できないというわけではありません。アダプターが販売されているため、大きなサイズのsimカードを使用している端末に関しては小さなサイズのsimカードを利用することができます。

microSIMをminiSIMの端末に入れるには対応するアダプターを買えば問題ありません。しかし、挿入するスロットの大きさの影響で逆にminiSIMをmicroSIM対応の端末に入れることはできないので注意が必要です。

参考サイト:自分に合うsimカードは比較して選ぼう

このような場合でも大抵の業者ではカードサイズの変更に対応しています。サイズが合わないsimカードを手に入れたときに利用した業者に相談すると、手数料を払うことでサイズを適切なものにしてもらうことが可能です。ショップに直接訪れるとその場で変更してもらえることもあります。

-格安SIM

Copyright© 快適なネット回線の選び方 , 2018 All Rights Reserved.