simカードの入れ方の注意点

更新日:

端末の種類によって異なる三つのsimカードの入れ方

格安SIMカード

メーカーによって構造が違っているからですが、大まかには三つの入れ方に分類されています、無理にこじ開けようとして端末を壊してしまわないように気をつける必要があります。問題になりやすいのは取り出し方について説明します。

基本的にはsimカードが入っていた通りに入れる

simカードを手に入れてスマートフォンに入れようというときには端末によって入れ方が異なるので注意しなければなりません。

メーカーによって構造が違っているからですが、大まかには三つの入れ方に分類
することができます。参考サイト:simカードのサイズについて知っておくと良い点

simカードが入っている場所によって異なり、裏面にSIMと書かれているカバーがあって、それを開けて取り出して挿入するものが典型的です。

また、側面にトレイがあって専用の器具で外して挿入できるようになっているものや、電池の後ろ側に挿入して入れられるものがあります。

どの入れ方をする場合でも基本的には取り出したsimカードが入っていた通りに入れることが大切です。

表裏と方向が合っていればしっかりと認識されるようになっているので、取り出すときにsimカードがどのように入っているかを確認しておく必要があります。

問題になりやすいのは取り出し方

simカードの交換をするときに問題になりやすいのは入れ方よりもむしろ取り出し方です。どのように入っているかがわかってしまえば、元通りになるように新しいsimカードを挿入するだけなのであまり大きな心配はありません。

比較的わかりやすいのはカバーを外したり、電池を取り外したりするとsimカードが見えるタイプのものです。かなり力が必要な場合もありますが、挿入されている方向に対して平行に引っ張れば引き抜くことができます。

問題になりやすいのは側面にトレイが入っている端末であり、無理に引っ張っても外すことはできません。購入時にセットになって付いてきている専用のSIMピンを用意する必要があります。

参考サイト:種類の違いに注意が必要なsimカード

この場合には力を込めなくてもスムーズに取り出しも挿入も可能です。無理にこじ開けようとして端末を壊してしまわないように気をつける必要はあります。

-格安SIM

Copyright© 快適なネット回線の選び方 , 2018 All Rights Reserved.