格安simカードの知っておきたいデメリット

更新日:

はじめての格安sim、メリットとデメリットとは?

格安SIMカード

1ヶ月に必要なデータ通信量や音声通信など、さまざまな条件から自分に必要な回線を選択できる自由があることも大きな魅力、実店舗を展開している企業が少ないことはデメリット。格安sim、メリットとデメリットについて説明します。

そもそも格安simって何だろう

ここ数年で耳にすることが増えた「格安sim」という言葉ですが、実際に格安simとはどのようなものであるかをご存知でしょうか。

そもそも格安simの「sim」は、携帯電話やスマートフォンなどの端末に差し込むためのカードのことを言います。

simカードはカードごとに固有のIDを持っており、そのIDによりキャリアにとって正しく契約を結んだ相手であるかを判別しているのです。

通信事業者は大まかに大手キャリアとそれ以外に分けられ、大手キャリア以外の企業は「MVNO」といいます。

比較的安価に通信回線を提供している場合が多いため、これらの回線が格安simと呼ばれているのです。参考サイト:種類の違いに注意が必要なsimカード
格安simのメリットは費用だけではありません。カードを入れ替えることで利用する端末を自由に入れ替えることができます。

また、例えばタブレットやPCのために通信回線を契約したい場合、通話機能を不必要だと考えるかもしれません。

格安simでの契約では、音声通信の付加を自分で選択することができます。1ヶ月に必要なデータ通信量や音声通信など、さまざまな条件から自分に必要な回線を選択できる自由があることも大きな魅力だと言えます。

便利な格安sim!でもちょっと待って!

安価で自由な格安simですが、メリットだけではなくデメリットもまたあります。参考サイト:端末の種類によって異なる三つのsimカードの入れ方

「MVNO」の各社は自社でアンテナなどの設備を持たず、他社の設備を借り受けてサービスを提供しています。通信障害などが発生した際は、通信回線を提供している企業によりサービスが左右されてしまうという欠点もあるのです。

また、利用できる端末を限定しないで販売するという点はデメリットにもなります。よく調べない状態で契約してしまった結果、契約した回線は所有している端末では使用できないなどという事にもなりかねません。

さらに、実店舗を展開している企業が少ないこともデメリットとして挙げられるでしょう。インターネットなどから気軽に契約できる代わりに、初期設定や、各種トラブル発生時のサポートを受けづらいという面があります。

格安simは便利だというイメージだけで安易に契約せず、自分にあった料金とキャリアを選ぶことが重要です。

-格安SIM

Copyright© 快適なネット回線の選び方 , 2018 All Rights Reserved.