格安simカードの通話機能

更新日:

格安simを使うときに通話を使用するか

格安スマホ

データ通信のみの契約の方が安上がり、アプリを使うと通話料がかからないで済ませられることも多いので、料金的に大きなメリットがあります。アプリではつながらない人とのコンタクトがある可能性が否定できない場合には通話もできた方が無難です。

通話があると高めになる格安sim

格安simを使ってスマートフォンを利用するというときに契約内容で迷うことがあります。参考サイト:自分に合うsimカードは比較して選ぼう

データ通信のみの契約の方が安上がりになりますが、090などの番号で始まる通話をできるようにしたいと考えると通話も含む契約にしなればなりません。

格安simの安さのメリットを生かすにはデータ通信のみにした方が良いのは確かですが、通話もできるようにした方が良いのではないかと悩むことがあります。

二台目として格安simを使うのであれば一台目で通話ができるので必要ないとすぐに判断することは可能です。

しかし、そのような場合でも相手によって使い分ける電話番号が欲しいというときには通話を含む契約をする場合も少なくありません。

どちらが良いかはケースバイケースですが、できることなら通話なしの契約にしたいという場合には確認すると良いポイントがあります。

アプリで済ませられるかどうかがポイント

格安simの通話がなかったとしてもアプリを使えば通話をすること自体は可能です。むしろアプリを使うと通話料がかからないで済ませられることも多いので、料金的に大きなメリットがあります。

問題なのは全ての通話をアプリで済ませられるかどうかです。固定回線も他のsimカードも持っていないという場合には公式文書に記入することができる電話番号がなくなってしまいます。

行政手続きや賃貸契約などの様々な場面で電話番号が要求されるため、他に文書に記載できる電話番号がないという場合には通話の契約をしておくに越したことはありません。

また、アプリではつながらない人とのコンタクトがある可能性が否定できない場合には通話もできた方が無難です。

日常的には必要なくても社会で人脈が広がったり、自分で仕事を展開していったりすると必要になる可能性があるので注意しなければなりません。

参考サイト:種類の違いに注意が必要なsimカード

-格安SIM

Copyright© 快適なネット回線の選び方 , 2018 All Rights Reserved.