インターネット利用の基礎知識、回線とプロバイダ、回線の工事、回線トラブル対処法

快適なネット回線の選び方

通信回線業者とプロバイダは別物です!

更新日:

インターネット接続には通信回線業者とプロバイダの両方必要です

インターネットに接続する通信業者とブロバイダの両方の契約が必要って知ってる?ブロバイダによって通信速度が違うんだって!選ぶときの参考にどうぞ。

wi-fi無線LANインターネット接続

通信回線業者はアクセス区間の提供をする事業者です

インターネットに接続する際には、通信回線業者として光回線やADSL回線またはモバイル回線との契約を行います。

しかし、通信回線業者は、インターネットの入り口までのアクセス区間を提供しているに過ぎないので、実際にインターネット空間への接続を行っているのはプロバイダです。

光回線ならば、自宅から光回線収容局までの区間を光ファイバー網を使って結んでおり、インターネット接続を行なう際には通信回線業者の収容局まで一旦データを運ぶことになります。収容局でプロバイダへ接続して初めてインターネットにアクセス可能となるわけです。

モバイル回線であれば、携帯電話基地局の先にある収容局でプロバイダへ接続することになるので、やはりパソコンやスマートフォンから通信回線事業者の収容局までを結ぶ方式によって、通信速度が決まります。通信速度を大きく左右するのは、通信回線業者が用意したアクセス区間次第です。

参考サイト:自分にあったプロバイダの選び方

インターネット接続はプロバイダ次第で速度が変わってしまう

通信回線業者の収容局からプロバイダへ接続されることで、初めてインターネットの世界にアクセス可能となります。プロバイダは、自社または上位プロバイダが敷設した独自の通信回線網により相互接続されており、世界中へアクセスする役割を持っているわけです。

実際にインターネットに接続する業務を担当しているのは、プロバイダの役割ですから、アクセス規制を行なうことも可能です。

同じ光ファイバー回線を使用していても、プロバイダによりインターネットへの接続規制は異なり、行っている設備投資額も違いがあるので、通信速度面でも違いが生まれます。

光ファイバー回線を通信回線に使用している場合、プロバイダ次第で速度に差が出ることが知られています。

また、通信量が著しく多い人に対する速度制限を行っているプロバイダもあるので、料金とプロバイダ品質を見極めた上で加入する必要があるでしょう。

参考サイト:インターネットの規制や制限について

-インターネット利用の基礎知識

Copyright© 快適なネット回線の選び方 , 2017 All Rights Reserved.